太陽光発電の寿命と出力保証

2013.9.9|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

森林01

太陽光発電を導入するご家庭はこの数年の間で非常に増えたといいます。太陽光発電は毎日多くの電気を提供してくれますが、残念ながらその性能は使い続けるうちに少しずつ低下していき、平均的な寿命といわれている10年を過ぎたころには買った当初の発電量はまず確保できなくなっていると考えて間違いありません。

しかし時にはう妙よりもずっと早い段階で発電量が大きく減少してしまうこともあり、そのまま放置すると大きく損をする事になってしまいます。

そんな状況を改善してくれるのがメーカーが用意している出力保証で、保証期間内に発電量が大きく減少した場合は元のパフォーマンスを確保する事が出来るように無償修理などを行ってくれます。

太陽光発電システムを構成する機器の中でも特に寿命が短いといわれているのがパワーコンディショナーで、買った当初から10年前後で中のパーツが故障して発電量が大幅に減少したり上手くシステムが動かなくなってしまうそうです。

出力保証はこのパワーコンディショナーの寿命を元に設定されている事が多く、ほぼ全てのメーカーの出力保証の期間は最低でも10年に設定されているそうです。

かって10年経っていないのに発電量が少なくなった時はなるべく早くメーカーに問い合わせるよう注意してください。