太陽光発電の長期利用と出力

2013.9.9|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

森林01

ここ数年の間で太陽光発電システムを導入する人は一気に増加したそうで、住宅街を見てみると大きなソーラーパネルを乗せた屋根を多く目にする事が出来ます。普段の生活で利用する電気を自分で賄う事によって環境と生活の二つを助ける事が出来る太陽光発電システムですが、太陽光発電システムのスペックはいつまでも買ったばかりの状態を保ち続けるというわけではありません。

いくら丈夫なシステムでも使い続けていれば少しずつ各パーツは劣化していきますし、何らかのトラブルが発生する可能性は決してゼロではありません。

そんな長期利用によるパーツの劣化やトラブルによって大きく発電量が低下した時に活躍してくれるのがメーカーの出力保証です。

太陽光発電システムの出力が大きく下がるということは当然発電システムのどこかに何らかの異常が発生しているという事になります。

もし保障期間の間にメーカーが定めた数値以下の発電量になったと確認できた場合は原因を探り無償で修理を行なってくれるので、発電量を確保する事が出来なくなってもすぐに元のパフォーマンスを発揮する事が出来るようになるでしょう。

太陽光発電システムの寿命はおよそ10年程といわれているので、購入から10年以内に発電量が下がった時はメーカーに問い合わせてみましょう。