太陽光発電の出力が落ちる原因

2013.9.9|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

森林01

太陽光発電システムは数年ほど前に国が支給した補助金のおかげで多くの世帯に普及したといいます。

現在は駆け込み需要なども落ち着きましたが、災害時の備えなどのために導入を計画している人も多くいるそうで、これから先も太陽光発電を導入する人は増えてくるのではないかといわれています。

太陽光発電システムを導入するにあたり太陽光発電システムがどれだけの発電量を確保する事が出来るのか気になっているという方も多いかと思いますが、太陽光発電システムの寿命は最低でも10年間といわれており、その時期を過ぎたころから故障率は大きく伸び、発電時の出力も大幅に低下してしまうそうです。

太陽光発電システムの出力が落ちる原因は主に長年使い続ける事による経年劣化が原因といわれています。

年中野ざらしのソーラーパネルは少しずつ疲労を蓄積させて各配線の接続が甘くなってくるそうですし、パワーコンディショナーも24時間常に動き続けているため非常に多くの負担が各パーツに掛かるのだそうです。こうした各パーツの劣化によって引き起こされた故障が早く発生して発電出力が大きく低下した場合はすぐにメーカーに問い合わせて出力保証を受けましょう。

保証期間内に故障したのであれば故障箇所を無料で修理してくれるので安心です。