出力保証の内容

2013.9.9|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

森林01

太陽光発電システムは晴れている日にどんどん太陽光を集め、電気を生み出す事が出来ますが、長年使い続けることで各パーツは少しずつ劣化していき、その性能は導入した当初よりも確実に衰えていきます。

経年劣化はどんなものにでも現れるので仕方が無いといえばそうなのですが、もし導入してそれほど年月が経っていないのに急に出力が低下した場合は発電システムのどこかに何らかのトラブルが発生している可能性があるので、出力保証を利用する事が出来るかどうか確かめてみましょう。

太陽光発電を販売しているメーカーでは決まって出力保証を用意しているので、条件さえ合えば現在の状況を改善できるはずです。

出力保証の内容は各メーカーによって異なるので、太陽光発電システムを導入する際はどんな保証内容なのか確認しておきましょう。

例えば保障期間が10年と業界内では最低ラインの保証期間の代わりに発電機能が10%低下したら無償で修理を行ってくれるメーカーもあれば、20年という長期間保証を受ける事が出来る代わりに保証を植えるには20%以上の性能低下を確認する事が出来なければ受ける事が出来ないなど色々な違いがあるので詳しくは販売店のスタッフなどに聞いてみて下さい。