出力保証を受けるには

2013.9.9|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

森林01

太陽光発電システムは環境保護や電気代削減、災害時の備えなど様々な形で役立てる事が出来、他の再生可能エネルギーを利用した発電システムよりもはるかに小さな規模でシステムを構築する事が出来ることから多くの一般家庭で利用されているといいます。

そんな太陽光発電システムの平均寿命はおよそ10年といわれており、その間は少しずつ経年劣化によって発電量が導入当初よりも減っていく事が予想されています。

しかしあくまでそれは何のトラブルも無く発電システムを使い続ける事が出来た場合で、極稀に導入してすぐに発電量が大きく低下してしまう事もあります。そんな事態に遭遇した時はメーカーが用意している出力保証を利用しましょう。

太陽光発電システムの出力保証は太陽光発電システムの発電量が大きく低下した時に利用する事が出来る保証制度で、保障期間中に何らかのトラブルが原因で発電量が低下した場合、スタッフが原因を調査して無料で修理してくれるのですが、この制度を利用するには発電量が大きく低下していることを照明する必要があります。

そのためには毎月届けられる発電量の推移を記した書類などを用意する必要があるので、太陽光発電システムを導入した後はそれらの書類をしっかり保管しておきましょう。