太陽光発電の出力保証の期間

2013.9.9|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

森林01

太陽光発電システムは普段の生活で使用する電気を自分で賄う事が出来るのはもちろん、災害時のエネルギー供給源などとしても役立てる事が出来るなど様々な場面で活躍してくれるのですが、残念ながらその機能はずっと利用できるというわけではありません。

太陽光発電システムを構成している各パーツは長年使い続ける事によって少しずつ劣化していていき、性能を100%発揮する事が出来なくなってきたり故障しやすくなったりなどトラブルが発生しやすくなってきます。

そんな太陽光発電システムの出力の低下に基づくトラブルを解消してくれるのがメーカーが提供してくれている出力保証で、保障期間中の出力低下に無料で対応してくれます。

メーカーの出力保証はメーカーごとに補償を受ける事が出来る条件や保証期間などさまざまな違いがあります。

あるメーカーだと保障期間が10年間で、性能が90%以下になった時に保証を利用できる事があれば別のメーカーだと保証期間が20年で、性能が80%以下になった時に補償を利用できるといった具合に色々な違いが出てくるので、太陽光発電システムを購入する際は商品のスペックや価格はもちろんですが、こうした保証制度に関しても注目しておかないと将来公開する事になるかもしれません。