メーカーごとの出力保証の違い

2013.9.9|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

森林01

太陽光発電システムといえば今では世界中で見る事が出来る発電システムですが、日本では特に一般家庭用の太陽光発電システムを広めようと国や地方自治体が呼びかけており、補助金の支給などで大きな話題を呼びました。

そんな太陽光発電システムを導入する際色々なメーカーの発電システムの中からどれかを選ぶ事になるかと思いますが、発電システムのスペックや価格などを比較して購入する商品を選ぶという方は多いかと思いますが、それ以外にも出力保証の違いにも注目してみてはいかがでしょうか。

太陽光発電システムは数%の性能低下でも総発電量に大きな違いが表れるので、早いうちにトラブルが発生した時すぐに対処する事が出来るようになる出力保障は非常に重要なポイントとなります。

出力保証は各メーカーによって内容が大きく異なります。内容次第では太陽光発電システムに掛ける維持費の額が大きく変わってくるので内容はしっかり確認しましょう。

例えば海外メーカーの多くは保障期間を20年に設定している企業が多く、国産メーカーは出力低下の割合が少なくても保証を受ける事が出来る企業が多いそうです。

その他にも色々違いはありますが、それ以外にも細かい違いが色々あるので太陽光発電システムを導入する際は忘れずにチェックしておきましょう。